06Journal

kic-garage vintage collection zippo lantern & bike

1949年~1951年製 5バレル PAT.2032695 ジッポーの話

1949年~1951年製 5バレル PAT.2032695 ジッポーの話

1949年後半になると、ケースの素材はブラス製のまま、バレルの数が3バレルから「5バレル」に変更になります。

この最初の5バレルモデルを「1950年モデル」と呼びます。バレルの数以外は基本的に1948年モデルとの違いはありません。(ボトムの刻印はいくつか種類があります)



【1949年~1951年製の特徴と見分け方】
材質: ブラス
バレル: 5バレル
パテントナンバー: PAT.2032695


① ケースの素材は、ブラス製のままです。
多くの企業が、広告宣伝用にジッポーを使うようになってきました。
これらは、ほんの一例です。


② バレルは、1949年後半から5バレルになりました。


③ ボトムは、いくつか種類があります。
プレス機の違いでいくつか種類がありますが、PAT.2032695で5バレルのブラス製は「1950年モデル」だけですので、違いはあまり気にしなくて良いと思います。


④ インサイドユニットは、「ニッケルシルバー製」です。


※「1950年製」も、1947年後期製と同じインサイトユニット継続です。
ニッケルシルバー製
・片側8つで16穴のチムニー
・レギュラー形のホイールステイ
・中空リベット
・フリントホイールは斜め歯
・レギュラーカム
・ZIPPOのロゴが全角で幅の広い刻印
・フェルトのオイル止め
・波状カムスプリング


⑤ 1947年頃から採用されたフェルトのオイル止めは、現行のものと比べて、かなり厚みがあります。


⑥ 1950年の一年間だけ「フルカバーレザー」ジッポーがリリースされました。


※年度やその特徴については、現物をベースに文献等による確認もしておりますが、多少前後していたり、間違いもあるかもしれません。特に過渡期は、パーツの流用等あり難しいです。

販売中の商品については、こちらをご覧ください。