06Journal

kic-garage vintage collection zippo lantern & bike

コールマン 220D/228Dの話

コールマン 220D/228Dの話
Colemanのツーマントルランタン220シリーズは、モデルチェンジを繰り返しながら1928年から1983年まで55年間生産されたコールマン史上最も長く生産されたロングセラーモデルです。モデルチェンジの度にモデルナンバーのアルファベットが変わり、220から220Kまで続きました。

今回は、「220D/228D」の解説です。220と228の違いは、ビッグハットと呼ばれるベンチレーターだけで基本仕様はパーツリストを見ても同じですので、220Eで解説します。


【220D/228D特徴と見分け方】
生産期間: 
1949年~1951年

※姉妹機種の228(ビッグハット)もベンチレーターの大きさが違うだけで、仕様の違いはありません。

① 220D/228Dの外観上の特徴は、220C/228Cがグリーンタンクであったのに対してメッキ仕様になったことです。それ以外はCと大きな違いはありません。
※220Dは、デカール無しです。
※タンクはブラス製です。タンク底はスチール製



カラーに「MODEL 220D/228D」の刻印が入っています。
【220D】

【228D】


③ 220D/228Dは、タンク底の年月の刻印が「A 49」とか「B 49」というように月の刻印の代わりに前期の「A」、後期の「B」の刻印になります。



④ ネジ止めポンプカップ(~1959年7月頃まで)


⑤ ブラス製のフューエルキャップ


⑥ ミクシングチャンバーは、220D前期は「6620」、「後期は「5136」です。



※外観の違いはほぼない。




⑦ 美しいデザインの箱です。


※年月やその特徴については、現物をベースに文献等による確認もしておりますが、多少前後していたり、間違いもあるかもしれません。特に過渡期は、パーツの流用等あり難しいです。ご容赦ください。

販売中の商品については、こちらをご覧ください。