06Journal

kic-garage vintage collection zippo lantern & bike

コールマン 202 プロフェッショナル の話 その1

コールマン 202 プロフェッショナル の話 その1

200Aの登場が1951年ですが、その初期にプロ仕様として200Aと並行して登場したのが、このモデル「202」です。
ブラスのタンクに、ベイル、フレーム等にステンレスを使った歴代のヴィンテージランタンの中でも最上位モデルです。その仕様から「プロフェッショナル」と呼ばれています。

2回に渡って、プロフェッショナルについて解説したいと思います。
あくまで、私個人の私見ですので間違っているところあるかもしれません。その点はご容赦ください。

今回は、「202 プロフェッショナル」の特徴をご紹介いたします。

※年月やその特徴については、現物をベースに文献等による確認もしておりますが、多少前後していたり、間違いもあるかもしれません。特に過渡期は、パーツの流用等あり難しいです。ご容赦ください。


【202の特徴と見分け方】
生産期間: 1954年~1964年

① 202は10年間生産されていますが、その過程でいくつかの変更がありました。便宜上、デカールが変更になった中期、ローベンチになった後期と分類しました。


② タンクのデカールが、前期型は®マーク、中期以降はランタンマークです。
※オリジナルは水デカールですが、202は水デカールが非常に剥がれやすく、ステッカーに張り替えられているものが特に多いです。



③ タンクに刻印されたサンシャインマークは、前期型の初期は、サンシャインマークの下にMADE IN UNITED STATES OF AMERICAの刻印が入ります。前期型の途中の1960年頃からと中期以降は、サンシャインマークだけになります。



 タンク底は、様々な変化があります。
・初期ロットは、鉄製無刻印です。


・1954年になると鉄製年月が刻印されます。

・1955年以降は、タンク底もブラス製になります。1958年までは、タンク底に年月の刻印です。1960年頃からは、年月はタンク側面だけになります。

・1958年からは、年月の刻印がタンク側面のサンシャインマークの下になります。タンク底にはBの刻印がはいります。

・1958年以降、タンク底と側面の両方に刻印があり、月が違う「ダブル刻印」というレアなモデルもあります。


⑤ バルブは「ブラックバルブ」です。


⑥ ベースレストは、前期はパテントナンバーが入ります。前期型の途中から中期型以降パテントナンバーがなくなります。



⑦ グローブは、1958年頃まではサンシャイングローブで、それ以降は、PIREXの赤文字です。グローブについては、こちらをご覧ください。


 箱と取扱説明書は、前期、後期(中期は混在)以下の通りです。




その2では、プロフェッショナルの一番重要な特徴の「素材」について解説します。

「プロフェッショナルの話 その2」に続く

販売中の商品については、こちらをご覧ください。