06Journal

kic-garage vintage collection zippo lantern & bike

コールマン 252/252A ミリタリーランタン「GIランタン」の話 その4 ― 1944年製TYPE1の詳細 ―

コールマン 252/252A ミリタリーランタン「GIランタン」の話 その4 ― 1944年製TYPE1の詳細 ―

ミリタリーランタン「252/252A」の中で、生産初年度の1944年製のハンターグリーンの252の話です。

※年月やその特徴については、現物をベースに文献等による確認もしておりますが、多少前後していたり、間違いもあるかもしれません。特に過渡期は、パーツの流用等あり難しいです。ご容赦ください。


【1944年製の252の特徴と見分け方】
252の生産期間:
 1944年~1945年

252の生産期間は1944~1945年ですが、初年度の1944年製は前期と後期に分けられます。今回はそれについて解説します。ミリタリーランタンは米軍からのOEM製品ですので同時期にAGM(American Gas Machine Company)でも生産されておりますので、合わせて解説します。

①  写真の左から「コールマン1944年前期」「コールマン1944年後期」、「1944年製AGM」です。



② 外観は、「HUNTER GREEN」というグリーンの塗装です。
1944年前期にはタンクにパーツ入れがついていません。これが最初期の1944年製前期252の最大の特徴です。

※1944年後期以降、パーツ入れがつくようになりました。


 デカールは3枚です。
・1944年後期のデカールです。こちらはVersion2で、Version1は2枚デカールのようです。

・1944年後期のデカール

・AMGのデカール


④ベースレストもグリーン塗装です。

※AMGのデカールは、ドット穴です。


タンク底に1944の刻印が入ります。

こちらは後期型ですが、後期型も同じです。

AMGの底です。


⑧ フレームにALADDINと1944のロゴが入ります。
1944年~1945年、AMGも共通です。



※年月やその特徴については、現物をベースに文献等による確認もしておりますが、多少前後していたり、間違いもあるかもしれません。特に過渡期は、パーツの流用等あり難しいです。ご容赦ください。

252Aは1980年代まで生産されており、仕様はほとんど変わっていませんが、いくつか変更点もありますので、「その1」から「その3」もご覧ください。

販売中の商品については、こちらをご覧ください。